2010年06月18日

オ血(オケツ)って何?

オ血は不健全な状態の血液

人間の体には60兆にも及ぶ細胞が犇めき合っています

その細胞の隅々まで栄養と酸素を運び、受け取った

老廃物を運び出すという大切な役割を担っているのが

血液です。

毛細血管は処により、血液の一成分である赤血球より

細い事はご存じないでしょう〜?

細い所ではπが5〜6μm、赤血球のπは7〜8μmです

1μmは1mmの1/1000

大きな赤血球は健康で弾力があれば、びろーんと

細長く変身してスルリと通り抜ける事が出来ます

が、不摂生、ストレス、老化、間違った食事や運動

不足によって、弾力を失い「変身」出来なくなり

血の流れが滞ったりして血栓となったりします

血球も血管も弾力を保ち、本来の能力を発揮できる

ようにするのが健康の第一歩ではないでしょうか〜?


★漢方のオ血6タイプ

          運動不足
  血(津液、体液) →  オ血(痛み、しこり、
          慢性病    黒ずみ)
          ストレス
          不摂生
          喫煙
          老化
          

 ☆元気不足→元気を補う   ☆貧血→血液を増やす

 ☆冷えタイプ→体を暖める  ☆カサカサ→体液を増やす

 ☆イライラ→緊張を緩和する ☆溜め込み→過剰水分、脂質
                     を除く





posted by ゆきの at 05:05| Comment(0) | サバイバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。